SYUKULOG

今年は10月 弘前、青森と続けて花展を開催します。
そろそろテーマを決定しなくては・・

「器と花」 決定です。

と今日の生徒さんへお話ししたところ
「わたくしこの器にします!」と瞬時に決定!
そしてその器での今日のレッスン。 By Mrs Tose Kawakami

続けてお目見えの胡蝶蘭。
                                                                   陶器 藤田誠氏(青森市)

エレガンスモダンな仕上がり。  秋にはこの器にどんな花が映えるのでしょう・・

なぜこのテーマにしたのか?

器と花がお互いに引き立てあい それぞれが一層美しく際立つ。

ベースがインテリア。それぞれがテーマに副った花を生ける。

それはラ・フルールの原点だから。

そろそろ30周年が近くなり すこしづつ進化しているラ・フルールの花。

自分自身もあらためて考えてみたいと思います。

迷いながら、心配しながら悶々としていましたがこのように生徒の皆様に支えられ勇気を
もち 立ち上がる。 いつまでも情けない私・・

責任重大ですが いつものパワーを出せそうです。
できるだけ多くの生徒の皆様と力を合わせ良い花展にしたいと願い、皆様、「どうぞよろしくお願いいたします!」









 

 

コメント
コメントはありません
コメントの投稿
タイトル
名前
認証
上に表示されている文字を入力して下さい
コメント