SYUKULOG / 2008年05月
 先日、腹話術のいっこく堂さんも出演する青森のテレビ番組で5分間りんごの花と青森県産の花を主にしたアレンジメントのデモンストレーションをさせていただきました。私はほとんど脇役で、大勢の方々の中でできるだけ邪魔にならないよう大きな体を小さくし、スターの影に隠れた売れない役者の様に待っていたのです。出番も番組後半でしたので、テレビの前でお待ち頂いていた方々には大変お待たせいたしました。それでもそのような場合、自分が、そして一緒に出かけたスタッフと最大限その時間を楽しみ、ほとんど生番組で緊迫した皆さんの中でどのように協調していけばよいのかとても考えさせられ大変良い勉強をさせていただいたと思っています。
 その中で2つ感動した場面がありました。それはいっこく堂さんが青森に到着して感じたことが「街中花が咲いていて感動した」とおっしゃったこと。姿勢よく立ち、物静かなお姿を拝見したときから誠実なお人柄を感じていた私は、忙しい移動の中でも、その土地の風景や花々に目がいく素敵な感性にさすがと感じたのでした。
 そしてもう1つ、私の出番まではみなさん何がはじまるのか想像できなくて疑心暗鬼の様子のなか、デモが始まった瞬間から私にとって居心地悪かった会場がとても居心地の良い空間に変わり、気持ちよくお花を活けることができたその花の不思議な力を体感したこと。  なによりラッキーなことになかなか活けることの出来ないこのりんごの花を頂くことが出来ていけることが出来たことは素敵な思い出になりました。全てのことにありがとうございました。