SYUKULOG / 2008年12月
クリスマスレッスンの準備もスタッフのおかげで順調に進み、どうにか目処もたちこれから中盤そしてお正月へと進む今日。明日お休みできることもあり少し休憩しブログを書こうと思い立ちました。 生徒さんがお帰りになり、まだこれから山ほどすることがあるのだけれど今年のクリスマス提案「ネオクラシック2008キャンドル」に一人満足しながら灯をともしクリスマスソングを楽しんでいます。 懐かしい生徒さんもクリスマスを機会にカムバックしてくださり、また近況を伝えにご連絡を下さったりありがたいことだとつくづくおもいながら・・
  今年を振り返り自分自身に驚き感じたことはただ1つ。私は心からお花を活けることが生きがいなんだと気づいたことです。
  当たり前と思う方が多いと思いますが、自分の事はよくわからないで生きているもの。
  1番は猫だと思っていました。もちろん同じくらい。   それがこの夏、ギンギンに冷えた部屋で1日仕事をしたときから二ヶ月体調を崩しどうにもこうにもならなくなったとき、這うように出かけ活けこみの仕事をして、少し寝て仕事をし、また横になる。大好きなワインも2ヶ月1滴も飲まず心で泣きながら、でも仕事に穴はあけたくないし・・そんな状況で感じたこと。 「何が何でも1日も早く元気になって良い花を活け続けたい!」そのために25年行っていなかった検診にゆき、マッサージに通い、3年ぶりの水泳を週に3日体をほぐすため出かけ!もう完璧に元気です。 どうしても花を活けたい思いがなければ、まだまだそのままの調子だったと思う。
  花が好きはもちろんだが 花を活けることが好き。 体いっぱいに花を抱いて1本1本大きく丁寧に、またはさらりとそっと小さく挿しハーモニーのあるアレンジに仕上げる。こんな楽しい事はないんだ!!
  ありがたいことです。 いまさらですが確信が持てたことで人生に迷いがなくなりましたし、希望が持てました! 48才にもなってこんな私ですがこれからも宜しくお願いいたします。