SYUKULOG / 2009年07月
人間ドックというものをはじめて経験しました。システマテックに次々検査をこなします。 明るく清潔な院内は、コンパクトでお洒落な蘭の鉢をあちらこちらに置き先生や、看護師さんの笑顔も素敵・・ 切羽詰ることがない健康な人の軍団なので和やか。最後はお食事も頂き、妙にリラックスした時間を過ごしてきました。
  自分の体を丁寧に見てもらう、点検作業は、これからの後半生に向けまず大事なことと思い決断しました。 1週間前の血液検査もOK!内視鏡は初めてで楽しみでしたが、これには泣きました・・ 初めて知らないひとのまえでウオンウオン泣きました・・ 先生は笑って「至って綺麗なものでした」といい、これも深刻な事例をみていらっしゃる皆様には 泣かれてもまあ良いじゃないですかみたいなものでしょう。 血圧も一見高そうに見えるのでしょう。看護師さんが「理想的な血圧だわあ」と驚いている。 最後に「胴回りと体重だけが問題です。これ以上太らないように」と、痩せなさいとおっしゃらない先生。優しい! そうかこれ以上太らなければいいのかあなんて喜んでいたら、スタッフが「先生。痩せましょうね!」と厳しい言葉。
 結論。 毎日お花とともに過ごし、体いっぱいかかえて花のパワーを吸い、家に帰ればたくさんの可愛いねこちゃんに囲まれていれば、多少の苦労もなんのその。ストレスなんて溜まらない。 ポリープの1つも出ないのだ。 「兄はこんな妹だから、その分何倍もストレス溜めていたんだろう」とまたへこみました。

写真 うちの玄関。しっぽ見えますか~