SYUKULOG / 2010年07月
どちらかというと、暑いのは苦手で夏より冬が好きです。。

ただ最近、優しいイメージで身近にも飾りたいおしゃれなひまわりやデルフィニウムを青森県でもたくさん栽培しているお陰で、過去に例がないくらい、この2種を生け毎日リフレッシュし、元気に過ごしています。

コバルトブルーのデルフィニウムは盛夏に似合う花で、なかなか他の季節また、フラワーアレンジのレッスンには難しい花なのですが、やっと青森県でもピンクや藤色などエレガンスな色にも着手し始めたと聞き、今後楽しみがまたできたわ!とワクワクしています。
 華やかで、色合わせによって素晴らしくエレガンスになるデルフィニウムは25年前、お花を始めたばかりの私にとって憧れの花。
地元の生産者のかたが栽培したデルフィニウムをたっぷり使える日がくるなんて思ってもいませんでした。

この写真は昨日、青森県産だけの花で講演会の花を生ける仕事があり生けたお花です。

大きなアンテイークアジサイ、アナベルアジサイのお陰でボリューム満点。

写真ではわかりませんが、この花を生けた青森公立大学の講堂は背景の壁が開閉し、素晴らしい森をバックにすることの出来るステージなのです。
生け込みの最中は開いていましたのでデルフィニウムとひまわり、そしてダイナミックな緑に包まれ、私は興奮状態・・

あ~ 仕上がったアレンジを その森を背景にし写真撮影をしてくるんだった~  と後悔しきり・・

少しだけ開いたバックの写真で是非みなさん想像してくださいね。

すっきり気分で外に出たら、セミの声がもの凄くてさあ夏本番。ねぶた祭りも始まるんだ~と実感。
ということで大好きな青森の花で夏を満喫しています!